フォトフェイシャルで使用されている機器の違い

フォトフェイシャルを行っているクリニックによって、使用している機器は異なります。機器によって期待できる効果は異なるので、自分の目的にあっているかどうかを調べてからクリニックを決めてもいいかもしれません。

フォトフェイシャルで重要なのは「光」

基本的にフォトフェイシャルではIPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる光を使用しています。有害な紫外線を取り除き、肌に優しい波長の光だけを組み合わせた光です。

この光を照射することによって肌の中に沈着したメラニンを取り除き、コラーゲンの生成を助けます。肌トラブルの気になる部分にだけ当てることができ、健康な肌を傷つける心配がありません。

日本で使用されている機器の種類

フォトRF(オーロラ)

少し深刻な肌トラブルにも効果を発揮してくれる機器です。通常のフォトフェイシャルの光線に高周波電気が加えられています。それによって肌の奥底にまで光のエネルギーが届くようになり、効果を発揮してくれます。

フォトフェイシャルファースト

多くのフォトフェイシャル機器では出せる光が3種類であるのに対し、フォトフェイシャルファーストは7種類出せます。患者さんの症状によりあわせた施術が可能です。

フォトブライト(ライムライト)

日本人の肌に最も合っていると言われている光線を出す機器です。

肌質は人種や国の環境によって大きく異なります。日本人が効果を実感するためには、日本人の肌にあった機器を使用することも重要になってきます。

シミやソバカスの改善に効果があります。

フォトフェイシャルの機器にもそれぞれ特徴があります。クリニックによって使用している機器が異なるのでチェックしてみてもいいかもしれません。

関連する記事