治療をを受ける際注意しなければならない人

炎症などを起こす危険性が少なく、さまざまな肌トラブルを改善してくれるフォトフェイシャル。確かに多くの人は安心して利用できるものではありますが、一部の人は注意が必要です。施術を受ける際には医師に適切な診断をしてもらうようにしましょう。

フォトフェイシャルにとって日焼けは天敵!

肌にとって有害な紫外線をカットした、優しい光だけを当てるフォトフェイシャル。施術を受けるにあたって日焼けには注意しなければなりません。

日焼けをすると肌の中でメラニン色素が生成されます。フォトフェイシャルはそのメラニン色素を刺激する施術です。激しく日焼けをしている人は施術を受けることができません。

また、施術を受けた後は肌が敏感になっています。ちょっとした紫外線によるストレスにも反応してしまう恐れが。

施術後は通常よりも紫外線対策をしっかりと行わなければなりません。日焼け止めや帽子、日傘などを使って極力肌に紫外線を当てないようにしましょう。

その他にも気をつけたほうがいい人

光によるアレルギーを持っている人は施術を止められることがあります。日頃から日光やその他の光に肌が反応してしまう場合はフォトフェイシャルが受けられません。

てんかんの持病や心臓病、糖尿病、アルコール中毒の人も施術を断れることがあります。肌に光を当てることによって発作などが起こる危険性があるためです。

妊娠中や妊娠している可能性のある人もフォトフェイシャルを控えるようにしましょう。出産を終えて体調が安定してから施術を受けてください。

フォトフェイシャルは安全性の高い施術ではありますが、一部の人は施術を控えたほうがいい場合もあります。きちんと医師に診断してもらってから施術を受けるようにしましょう。

関連する記事